Concept of KAN WORKS

121119ロゴ.ai

Zero Concept Kitchen ゼロ コンセプト キッチン

美しいものを求め、使いやすい機能性を有しながらデザインはスポイルされない。
加飾を排しシンプルに拘り、長年追い求めていたダウンドラフトベンチレーションを装備することにより、空間を選ばないキッチン。ワンメイクにするためにダウンサイジングにも挑戦し、よって得られたコストパフォーマンスは規格キッチンならではの魅力となりました。

キャビネットの豊富さと選択肢の多さが自由の象徴でもあるかのような今日の既製キッチンですが横並びのデザインと小手先の便利グッズは決して求める空間を叶えるわけではありません。住まいを考える人々の思考はファッショナブルなキャッチフレーズに惑わされることなく進化し真実も見つめる目を充分に持たれています。

キャッチフレーズはZero(ゼロ) 
これから築く このキッチンから空間発想のはじまりを期待しております。