Q&A of KAN WORKS

121119ロゴ.ai

Q
ワンメイクで選択肢は少ないのでは?
A
フルオーダーと違い形はワンオーダーです。そのためにサイズを極力ダウンサイジングしました。しかし配置は2通りになります。アイランドかペニンシュラーのいづれかの配置になります。当然ですが反転タイプにも対応しております。
下抜きレンジフード(ダウンドラフトベンチレーションと呼びます。)は変更出来ません。またこのダウンドラフトベンチレーションは集合住宅、共同住宅ほか業務用にはご使用出来ません。I H コンロはTeka社(独製)の2機種から食洗機はガゲナウ以外にAEG社(独製)の1機種を加えたものから選択出来ます。
Q
水栓は選択できますか?
A
水栓は別途です。建築設備業者様からご購入下さい。国産水栓のご依頼が当方においては大変少なくなりました。ですが輸入水栓のメンテナンスはエリアがどうしても限られてきます。お近くの販売店様からのご購入をお奨めしております。
Q
下抜きのレンジフードはほんとに吸うの?
A
2012年7月に国内販売を開始しましたBest社のダウンドラフトベンチレーションは風量が非常に強いレンジフードで至近距離で吸込むため I H コンロのような上昇気流のないケースでは理に叶ったベンチレーション計画となります。但し、正しいダクト配管が必要です。『正しいダクト配管について』をご参照下さい。調理時の吸い込みの様子が動画でご覧いただけます。
Q
 ダウンドラフトベンチレーションを規格キッチンに採用した訳は?
A
上記の理由と空間を選ばないということが最大のポイントです。吹抜けや勾配天井の空間でもこのキッチンですと設置が叶います。天井があってもレンジフードを下げたくないというリクエストもございます。頭上に何もないという開放感と至近距離で吸込む利点の両方をこのダウンドラフトベンチレーションは備えております。ユニットの種類で選択肢を広くするのではなく、空間に自由に設置できることを優先しております。
Q
ガスコンロの選択肢がないのは何故ですか?
A
震災後のECOムーブメントがありガスコンロのご要望も少し増えましたがアイランドもしくはペニンシュラーキッチンでのコンロの選択は当方のオーダーキッチンではI H コンロのご採用が圧倒しています。 またダウンドラフトベンチレーションの輸入元が併用コンロとして保証していますのがTeka社のI H コンロということもありました。以下がその技術的見解です。
電磁環境的にCEマーク(自ら発生させた電磁波が他の製品に影響を与えない、与えられないことを証明する表示で、欧州製家電製品のみに限定しています)を表示した欧州製IHクッキングヒーターならば組み合わせOKとさせていただいております(日本製や中国製はCEマークがありませんのでお控えください)。
Q
カウンターは人工大理石に対応していますか?またカウンターの高さは変更可能ですか?
A
ステンレスカウンターの厚みと同じ10ミリ厚の人工大理石(ピュアホワイト)をご用意しております。製作シンクはステンレスで同じ寸法と同じ仕上げです。
カウンターの高さは86センチから90センチまで10ミリピッチで対応が可能です。
Q
予備コンセントはオプションですか?
A
予備コンセントの使用頻度の少なさから見えないところに装備しております。
Q
その他オプションは?
A
水きりプレートと包丁トレーは装備しております。プラスチックまな板と棚板の追加はオプションとなります。ペニンシュラーレイアウトの場合のキッチンパネルは
完全別途で建築工事でお願いします。
Q
ボックスの材質は?
A
ボックスの材質は基材がパーティクルボードで表面は両面とも低圧メラミンです。
すべてF☆☆☆☆仕様で低圧メラミンの厚さは扉材にも使用できる硬度があり水にも強い素材です。
ボックスの質でコストを落とすことはしておりません。
Q
販売方法は?
A
販売方法はオープンプライスで定額販売ですので基本はエンドユーザー様への販売です。
工務店様への仕切り価格はございません。できるだけリーズナブルにご提供したい想いで、そのような販売体系をとらせて頂きました。
Q
配送費や施工費が別途というのが多いですが、高いのでは?
A
規格キッチンとはいえ配送・搬入・組み立てがなければ完成品になりません。
基本の配送費と施工費は含まれております。ご安心下さい。ですが遠方の場合もありますので都度、プラス費用がどの程度かお問い合わせ下さい。
尚、2階以上の階上げ搬入でも手運びを原則としております。ユニックやクレーンが必要な搬入の場合は建築業者様でお手配ください。
Q
販売・施工エリアはどこまで可能ですか?
A
可能エリアとそうでないエリアはあります。輸入機器のメンテナンスエリアのこともあり販売・施工エリアは可能な範囲とさせて頂いております。おおよそのエリアご確認は『販売施工エリア』をご参照下さい。またエリアと出張経費(遠方の場合の交通費など)をお問い合わせください。
Q
発注と支払方法は?
A
ご発注、お支払はおおよそキッチン設置の2ヶ月前までにお願いします。受注生産ですので生産調整するのと現場確認のタイミングを逃したくはありません。尚、現場確認のうえ、ダクト配管や設備配管が梁や大引きにあたるなど設置が出来ない状況と現場が判断された場合は残念ですが、現場確認における旅費交通費と手数料を差し引いて返金いたします。このようなことが無きよう建築家、現場監督者様からご確認のお問い合わせをお願いします。
Q
発注の前に打合せをしたいが。。。
A
お問い合わせ下さい。とりあえずのコミュニケーションの手段は今日ではたくさんございます。
建築家、設計士の方で事務所訪問も可能です。いづれもスケジュール調整が必要ですので、お早めにお問い合わせ下さい。ご遠方の方は申し訳ないですが訪問時の交通費など実費請求させて頂くこともありますのでご確認したいポイントなどメールやFAXで相互確認が出来れば幸いです。
Q
規格キッチンでオーダー対応は?
A
規格キッチンのオーダー対応はしておりません。オーダー対応する時間的コストを設計から現場確認打合せ、生産および設置に至るまで圧縮した結果のパフォーマンスです。
規格キッチンの寸法を大きくしたい、材質を変えたい、コンロを国産のものにしたいなどのリクエストはすべてオーダーキッチンとして対応させて頂きます。
ダウンドラフトベンチレーションを導入したオーダーキッチンもご対応させて頂きます。
Q
取扱い説明は?
A
機器の取扱い説明書は読むのが面倒です。ですがお引渡し時に取扱い説明させて頂く際の光景はたいてい後ろに次の業者が行列を成して待っている状況です。面倒ですが読んで頂くしかありません。当方は扱い方法を簡単に記した別の説明書を一緒に添付しております。忘れてしまう説明を聞くよりも効果があることをお客様から評価として頂いております。
Q
不具合が出たら?
A
お引渡し書類の中に機器代理店サービスの連絡先をお知らせとして入れさせていただきます。
機器の不具合は機器代理店サービスにメール・FAX・電話にてお知らせ下さい。
その際は「ゼロ・コンセプト・キッチンの機械の不具合」と必ずお伝え下さい。食洗機のメンテナンス依頼でご訪問してみたら透明のラップが排水口を塞いでいたということがあります。ユーザー様で充分に対処可能なこともございます。サービス係りの者が直接ご連絡して状況をお聞きしサービス訪問日のご確認を致します。
ユニットの不具合も万一ありましたら当方にご連絡ください。僅かな支障でも、そのままにされずにご連絡下さい。